目は温めると良い

  • HOME > 目は温めると良い

目は温めると良い

テレビ朝日「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」を見ていたら、目の健康を特集していました。
内容は、ドライアイを改善するというものでしたが、目の疲れには、目を温めると良いという説明がありました。

まぶたの上下の縁には、マイボーム腺という油分を分泌する小さな穴があります。
目が乾燥したり、血行が悪くなったりすると、この油分が固まってしまい、分泌されなくなってしまうそうです。

そのため、涙の乾燥を防ぐための油分の膜がなくなってしまい、余計に目が乾燥して疲れてしまう、ということ。

でも、このマイボーム腺の油分が固まってしまっても、すぐに簡単に改善させる方法があります。
やり方は、以下のとおり。

1.蒸しタオルで約5分間、目を温める。

2.ボールペンなどのキャップで、まぶたの上から軽くマッサージする。
  上まぶたは上から下に、下まぶたは下から上に、油分が出るように軽くなでるようにボールペンを動かす。

たったこれだけで、マイボーム腺の中で固まった油分が溶け出して、正常に分泌されるようになります。
実際に私もやってみましたが、本当に目が潤っていると実感できました。
かなりすごいです。

疲れ目が原因のクマに悩んでいる方には、オススメの方法です。

ちなみに私は、目を温めるために蒸しタオルではなく、「あずきのチカラ(目もと用)」を使いました。